しろやまノート

イラストレーター 白山たえのイラスト活動のこととか

はんこ持ち手をアンティーク風にサッと塗れるペンタイプ塗料が超便利な件

はんこの持ち手に使う台木
そのままでもナチュラルな風合いでかわいいけど
もう少しアンティーク風の色にしてみたい
という方に
私が持ち手を塗るときにいつも使っている
塗り方のご紹介です。

使う道具はこれ1つ。



ニッペ・木工家具補修マーカー
木の床・家具などがキズついたときに目立たなくする
マーカータイプの油性補修塗料。



フタをあけると油性マーカーとほぼ同じ見た目。
ユニポスカのように芯をグッと押し込むと
ボディから芯へとインクが染みだしてきます。



このペン部分を塗りたいところに
マーカーと同じ感覚で書くように塗っていきます。
塗り終わったらマーカーのフタをしめておしまい。


ビフォーアフター

左が塗っていないもの、右が2度塗りしたもの。
アンティークな色合いになりました!
ちなみに、塗ってからの乾くまでの時間は約30分。早い!

このあと艶出しをしたいというときは
以前記事に描いたペン型ニスを使っています。

この補修マーカーのカラーは全部で12色。
私は「オーク」という色を愛用しています。

台木を1個だけさくっと塗りたい
筆とバケツを用意して塗るまとまった時間がとれない
という方に向いている塗り方かと思います!

持ち手をつける本格的ははんこ作りのときの
参考にしていただけたら嬉しいです~


※この補修用マーカーは溶剤系マーカーのため
塗るときは必ず換気をしながら作業をしてください。

※溶剤系マーカー、乾燥する前は消しゴムやゴムを溶かします
台木ははんこをくっつける前に塗り
乾いてからはんこをくっつけてくださいね。



amazon / 楽天



★その他の「はんこの小技」はこちら★

*********************

よろしければこちらもぜひ♪

● ブログ村消しゴムはんこランキング ●
● しろたえFacebookページ ●

*********************