しろやまノート

イラストレーター 白山たえのイラスト活動のこととか

パイロットさんで万年筆の調整をしてもらったよ レポート

最近、嬉しいことに一筆箋のお手紙を書く機会が増え
それにともない愛用ペンの書いていて気になるところが
さらに気になるように。

この前のお仕事が手紙関係だったということもあり
いい機会なので調整してもらおう!と、東京・京橋にある
パイロット・ペンステーションにいってきました。


外観はこんなかんじ。

場所は地下鉄銀座線・京橋駅A6出口を出てすぐ左。
出口階段をのぼって左を向いたらパイロットのビルが
ドーン!(笑)



建物に入り、2階へ。
光る階段、さりげなくパイロット社の歴史(?)が
書かれています。

ペンステーションは2階「ペンミュージアム」の一角に。
日付だけのゆるーい予約をして伺ったため
デスクに居た方に予約の旨を伝え、気になるところをお話し
調整開始。


ビフォーアフター。

私が気になっていたのは
文字の細さとインクの出の少なさ。
調整士さん(ペンドクター)と相談しつつ
ペン先の太さをもともとのM(中字)からB(太字)に交換
インクの出(インクフロー)をよくしてもらいました。
(さりげなくインク色もブルーに変更してもらっちゃいました)

調整中は
手が疲れない万年筆の持ち方を教えてもらったり
万年筆のペン先の構造などを教えてもらったり
なぜか鉛筆の話で盛り上がったり。
調整だけしてはいおしまい、ではない
パイロットさんのペンに対する愛を感じた
すてきなひとときでした。行ってよかった!

調整後のペン、書いていてとても気持ち良いです。
ストレスなくペンを走らせるというのは
こういうことをいうのかなーと思ってしまいました。

パイロットさんいわく
「万年筆は使い込むごとにペン先が
その人の書きグセになじみ「育っていく」ものなんだよー」
とのこと。

生まれ変わったペン、がしがし使って
大切に育てていきたいと思います!


※パイロットペンステーションで調整・修理ができるのは
本体価格500円以上のパイロット筆記具のみとのことです。
調整・修理の内容によって料金がかわるため
まずは電話やメール等でのお問い合わせをおすすめします~


***おまけ***



ペン調整後、同じビルの1階にある
「ペンステーションカフェ」にて遅めのごはん。
この写真の「ハイティーセットA」
サンドイッチ・スコーンにドリンク付で750円!

店内もゆったりと落ち着いた雰囲気でした。
また行きたいな~


*********************

よろしければこちらもぜひ♪

● ブログ村消しゴムはんこランキング ●
● しろたえFacebookページ ●

*********************