しろやまノート

イラストレーター 白山たえのイラスト活動のこととか

2千円するシャチハタの高級朱肉 レポ

石はんこ用に、朱肉(はんこ用スタンプインク)を取り寄せてみました。

f:id:sirottae:20170306203458p:plain

取り寄せたのはこちら。
ネーム印でおなじみシャチハタさんの
「鯱旗印肉 公用(しゃちはたいんにく・こうよう)」
賞状や公文書のなつ印の時に使われている朱肉だそう。

f:id:sirottae:20170306203510p:plain

ふたを開けるとこんな感じ。
普通の朱肉とちがい粘土のようなぺっとりとした質感のインクです。
このへんが「印肉」のいわれなのかな?

f:id:sirottae:20170306203524p:plain

インクをつけるときはこの粘土のような部分(印肉)にはんこをポンポンと
かるくたたくようにしてインクをつけます。
いつもの感覚で思いきりつけてしまうと
はんこが印肉部分にめり込んでしまって大変なことに・・・

f:id:sirottae:20170306203539p:plain
(画像クリックで拡大します)


実際におしてみたものがこちら。
下におしたシャチハタのふつうの朱肉と比べてみると
印肉の方は落ち着いた赤色で厚みのある鮮やかな印影。
ふつうの朱肉はどちらかというと朱色でサラリとした印影です。

石はんこには昔から「印泥(いんでい)」という
専用の印肉のようなものがあり、以前はそれを使っていたのですが
成分に水銀や鉛が入っているというのを知り不安に思ったことと
(使用前にかならずインクを練らなければならず、その時にインクがよく手についていました)
乾くのにとても時間がかかることなどがあり
代わりになるものがないかなと探していました。

鯱旗印肉は、箱の右下に書いてあるように重金属系(鉛・水銀・カドミウム等)を
使っていないということで、取り寄せのきっかけになったのでした。

乾く速さも「印泥」より早いかも。

週末の石はんこ教室にさっそく持っていきたいと思います~


isihankobana.png
2013年11月2日(土) 東京・高円寺で開催の
石はんこ教室参加者募集中
お申込み 残り2席です!
かたくて難しそうにみえる石はんこ、結構かんたんにサクサク彫れますよー
今回のみ、おまけのはんこケースががまぐちタイプになります♪
ご興味ある方、ぜひ!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
ランキング参加はじめました
クリックしていただけると嬉しいです♪